介護技術を磨きたい人は弊社求の人に応募しない方が良いです

継続して求人募集中ですが、ボチボチとご応募を頂きましてやり取りをさせて頂いています。
さて、弊社施設ですが「運動型デイサービス」と言う言い方をしています。

いわゆる「リハビリ特化型」と言われるデイサービスとはどこが違うのか?
と聞かれることもあるのですが、実は明確に違いを意識してる訳ではありません。
まあ、敢えて言うのであれば強制感は無くして利用者の自主性で動く施設にしたいと考えています。

運動の内容について負荷を上げて内容を高度にすることを目指す施設もあります。
それは正解だと思いますし弊社の施設でもその方向を望まれる方にはそのような対応も行なっています
が一方で、本当はあまり動きたく無いけど最低限はやらなければならないしね。
と考える利用者の意欲を保てる無理のない楽しい運動を大切にしたいのです。

さて、そのようなサービスが中心ですので、
現時点での弊社施設では食事提供や入浴の提供はありません
また、利用者も動ける方が多いため排泄介助や医療的なケアもほぼありません

と言うことで弊社の求人に応募される方で、
いわゆる一般的に言われる介護技術の向上を目指される方がいらっしゃるとすれば、
それはやめたほうが良いと思います。

その方面での成長はほぼ望めないと思います。

弊社の運営スタイルで得られるのは利用者とのコミュニュケーションを通じて
その利用者の希望や状況・状態を汲み取って考えることです。
そして得られた知識や経験を別の場面で発揮できるように自分の中に落とし込むことが大切になります。

これは介護にのみ必要なスキルではありませんし、
そうしようと意識して行うようなことでもありません。
ただし自然にそのような行動や考えができるようになれば、
勤務中以外の様々な場面でもさらに一歩進んだコミュニュケーションを作れます。