癒し?労働力? 介護施設で動物を飼うってできる?からロボットを借りてみた

施設でペットを飼う

医療系だと衛生面などを考えたりしますが一般的な介護施設ならアニマルセラピー的な癒し効果から動物の飼育などを考えたりしますよね。

漠然と施設に犬がいたら利用者は可愛がるかなぁ?
なんて思ったりしましたが、オープン当初から飼育しているのであればともかく途中から飼う場合には犬嫌いの利用者がいた場合の拒否感という問題もありそうです。

また、うちのように日中だけの営業であったり休業日がある場合は夜間や休日に犬(動物)をどうするのか?という問題がありますよね。職員の誰かが連れ帰って世話をするようになると思いますがちょっと大変です。

やはり生き物は難しいですね。

メダカの飼育

で、その辺りのハードルが最低限であるメダカの飼育をしていたことがありました。

利用者さんからはそこそこ好評で、来所時には水槽を覗き込んで今日も元気だね!と声かけをしてくれる方も多かったようですが、餌をあげたがる人が多くなり大変だったという。。。

というような問題点を解消できるのがロボット??


なんて思っていた2年ほど前にたまたま機会があってPepperくんを借りることができました。

ペッパーくんがやってきた

これが利用者には大人気。
商業施設の店頭などで見かけることも多かったペッパーくんですから、ご存知の方は多いと思いますが、結構よく喋ります。で、その言葉の一言一言に利用者さんはウケたりしていまして、

買いなよ!!なんて声も。

介護施設のロボットというと見守り支援や移乗補助などの設備的なものが多くなりますが、
この手のコミュニケーション系のロボットも導入している施設はそこそこ多そうです。

月額数万円程度と安くはなく高くはなくという微妙な価格帯。
毎日一定時間、利用者に喜んでもらえる時間帯が確保できるのだとすればという思いもありますが、
2年前の時点では今後のAIの進化に期待!という感じでした。
(今はバージョンアップで当時よりも進歩しているようです)

最近、ペッパーくんは中古で10~20万円くらいで売っているんですよねぇ。
ちょっと良いかなと思ったりしますが

その他手頃なロボットたち

他にも

富士ソフト パルロ
https://palro.jp/

ユニロボット株式会社 ユニボ
https://www.unirobot.com/

ソニー aibo
https://aibo.sony.jp/store/

講談社 ATOM
http://atom2020.jp/

などなど今は種類もかなり増えています
価格もATOMでは自分で組み立てるモデルは10万円以下
組み立てが大変なのでは?とも思いますがかなり手が届きやすくなっています。

実際、人員不足の解消はなかなか難しいものがあります。
流石にロボットに任せられるというわけではありません
が、

コミュニュケーションの部分で助けてもらえたりする場面はありそうです。