介護施設と著作権 映画上映や音楽鑑賞について

著作権って考えていますか?

デイサービスに通ってくださる利用者さんに対して、レクリエーションの一環としてや休憩時間のBGM代わり、はたまたイベント的に映画鑑賞会などを行う機会があったりします。

特に何の気なしにレンタルショップで借りてきたDVDを使って上映したり、最近では配信サービスのものを利用して流していたりというケースもあるかもしれませんが、それ、確認しないと実は不味いですよ。

 以下、一般社団法人日本映像ソフト協会のホームページから転載です。

【非営利上映をめぐる学説状況と当協会の考え方】
著作権法には(1)営利を目的とせず、(2)観衆から料金を受けず、(3)実演家等に報酬を支払わない、場合には公に上映することができるとする規定があります(著作権法第38条第1項)。そのため、市販のDVDビデオを使って上映会を行うことは許されるとする見解があります。 しかし、上映権を制限する著作権法の規定は「WIPO著作権条約」や「ベルヌ条約」などの著作権に関する多国間条約との関係で問題があるのではないかという見解もあります(Q4参照)。 また、レンタル店用のDVDビデオは、家庭内視聴を目的とする個人のお客様への貸与の許諾があるに留まりますので、レンタル店がその許諾の範囲を越えて上映会のために貸与すると頒布権を侵害してしまうことになります。 しかし、上映権を制限する著作権法の規定は「WIPO著作権条約」や「ベルヌ条約」などの著作権に関する多国間条約との関係で問題があるのではないかという見解もあります(Q4参照)。 また、レンタル店用のDVDビデオは、家庭内視聴を目的とする個人のお客様への貸与の許諾があるに留まりますので、レンタル店がその許諾の範囲を越えて上映会のために貸与すると頒布権を侵害してしまうことになります。

ということで、レンタルで借りてきたものを施設内でそのまま上映することには問題があります。またBGM的に流しておくことについては、

【著作権者の上映権を侵害】
>自分の所有物であっても、著作権者に無断で上映することはできません。著作権者の上映権を侵害することになるからです。 上映権は複製権や頒布権と同様に著作権者がもつ独占的な権利です。市販・レンタル用に提供しているビデオソフトは、映画の著作物の著作権者が、家庭内視聴に頒布先と用途を限定して許諾しているものであり上映の許諾がされているものではありません。市販・レンタル用ソフトが予定している価値とは異なる価値を利用することになりますので、これらのビデオソフトを著作権者に無断でホテルやバスなどで上映に使用することは、上映権を侵害することになります。また、ビデオソフトの販売店やレンタル店が、公の上映に用いる企業や団体に対して市販ビデオソフトや中古ビデオソフトを販売したりレンタルすることは、頒布権の侵害になってしまいます。

ということで問題になりそうです。
が、デイサービスの利用者は基本的には入れ替わりはありません(決まったメンバーで毎回不特定多数ではないということ)から、業務利用ではないという解釈をして「営利目的ではない」との考え方もあるようですし、実際に映像関係の会社も個々のケースを積極的にチェックしているということは無さそうです。

ただし、例えばパンフレットや案内に「上映会を行なっています」などと宣伝を入れたり、イベント告知をするなどした場合は営業使用と見なされると思います。

そして、配信サービスをそのまま使用している場合は、たいていの場合アウトです。
著作権の解釈もそうですが、そもそも配信サービス会社の利用規約に抵触しているはずです。

ですから確実に問題がないように映画などを上映する場合は著作権期間がすぎているものか、各映画会社などが用意している「上映用」を用いる必要があります。

では、音楽の場合は。

基本的な考え方は映像と同様です。
が、JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)のサイトには

JASRACへの許諾手続きが不要なBGMの利用方法
>次の項目のいずれかに該当する場合は、JASRACへの手続きは不要です。 法律(著作権法第38条3項)上、手続きが不要となる利用 テレビやラジオの放送をそのまま流している ※但し、以下の場合は原則として手続きが必要です インターネットラジオを利用する場合 放送を録音して流す場合 家庭用受信装置以外を利用する場合 使用料規定上、当分の間使用料免除となる利用 (1)福祉施設での利用 (2)医療施設(医療法・介護保険法に基づく施設)での利用 (3)教育機関での利用 (4)事務所、工場等での主として従業員のみを対象とした利用 (5)露店等での短時間で軽微な利用 他の利用許諾により、BGMの手続きが不要となる利用 (1)有線音楽放送など、BGMの音源提供事業者から音源の提供を受けている場合(対象となる音源提供事業者一覧) JASRACと契約を締結している音源提供事業者が、お店などに代わってBGMの著作権使用料を支払っています。 有線音楽放送とCDの両方をBGMとして流す場合も、お店などが個別に手続きする必要はありません。 (2)カラオケや生演奏等の利用で既にJASRACと契約している場合 BGM以外にカラオケや生演奏等の利用があり、既にJASRACと契約をしている場合は、BGMの手続きは不要です。 なお、BGMの契約では、BGM以外の方法で音楽利用はできませんので、別の方法での利用をご検討の際には、JASRACまでご連絡ください。 JASRAC非管理楽曲のみとなる利用方法 (1)著作権が消滅した楽曲のみを用いる場合(よくあるご質問) (2)JASRACが演奏利用を管理していない楽曲のみを用いる場合 ※(2)については、その楽曲の著作権者へ、手続きについてご確認ください。

 

ということで、現時点では介護福祉施設での使用に関しては届けはいらないということになっています。

ただし、映像の時と同様で配信サービスを使用する場合は配信会社との契約条件に抵触する場合が多いと思います。

 

 

 


柔道整復師(厚生労働省認定国家資格) 
機能訓練指導員・生活相談員
施設運営コンサルタント
日本通所ケア研究会認定 リハビリケア専門士 
シナプソロジー認定コーポレートインストラクター
株式会社ココラッセ 代表取締役 渡邉賢司

一号店のデイサービス ここらっせを2011年に開設。高齢者向けの運動・脳トレの各種講習会を開催。
新たなサービスやアクティビティの情報収集を常に欠かさず、時に日本全国の施設や企業へ視察を行い、
施設内で提供できるサービスの新鮮化に取り組んでいる。また、残業の発生しない効率的な業務改善や
助成金や補助金を導入した画期的な施設運営の実施。中でも中小企業庁の経営革新計画の認定を受ける他、オリジナル
マスコットキャラクターを導入するなど従来の一風変わった広報戦略について業界紙や一般紙からの取材も受ける。
他法人の都内事業所はもとより九州や東北地方などからも事業所の運営についてアドバイスを求められるている。

にほんブログ村 介護ブログへ