四十肩、五十肩? 肩が痛いけど動いて良いの?

私、四十肩になりました。

四十肩ですよ。五十肩ではありません。
あくまでも四十肩です。

四十肩と五十肩の違い

ちなみに四十肩と五十肩の違いはありません。
患者の年齢でおおよそ言い分けているだけですね。
肩関節周囲炎というのが当てはまるのですが、言葉の通り周囲炎ですから、ピンポイントにここが悪いというのではなく、肩周り周辺の痛みが長めに続くようなら当てはまるというものです。

ですから、細かく分けると様々な病態があります。
一般的に有名なのは加齢による石灰沈着性の腱板炎です。これは関節にカルシウム性の物質が溜まって炎症を起こして肩の動きを阻害するというものです。いわゆる「ほおっておけば治る」と言われているものですが、必ずしもそうとは限らず、重症化している場合は注射による薬物療法やカルシウム除去などが行われることもあります。

油断できないのは、単純な肩の痛みだからと甘く考えていたのに腱板断裂していたなどというケースがあることです。
いずれにしろ痛みが続いている場合は医療機関に受診して診断を受けるべきです。

四十肩と五十肩での運動

さて、四十肩や五十肩は動かした方が良いと言われています。
これは本当です。もちろん、急性期(痛みが発生してすぐの強い時期、炎症を起こしている時期)については安静が必要になりますが、痛みがあるとしてもある程度症状が安定してきた場合には動かすことが必要です、肩関節の拘縮の予防と低下した筋力の強化が必要になります。

痛いから動かさない。
動かさないから筋力が弱くなり、

筋力が弱いから動かせない。
動かせないから動かさない。

延々とこのループに陥ってしまい、肩関節の可動域がどんどん狭くなってしまうというケースは結構多いのです。
特に高齢者はこのパターンです。
結果、腕はもちろんとした上半身の血流が悪くなるというケースも考えられますし、着替えなどの日常的な動作に支障が出ているケースは非常に多いです。

私の四十肩の原因

ちなみに私の四十肩は原因も判明しています。
それは枕の高さ

肩なのに枕というのは意外ですよね。
枕が少し古くなり、厚みが薄くなっていたのを放置して、睡眠時横向きになった際に無意識に肩関節が内旋気味の状態で固定されていました。
元々はこれによる「寝違い」の蓄積です。

そのあとは

痛いから動かさない。
動かさないから筋力が弱くなり、

筋力が弱いから動かせない。
動かせないから動かさない。

という先ほどのループな訳ですね。


おそらく放置していれば石灰沈着性に移行した可能性もあったかもしれません。
現在では枕と寝る際の姿勢を改善し、仕事の合間にも積極的に肩を動かすように気をつけていまして、少し前に比べてかなり改善しています。


柔道整復師(厚生労働省認定国家資格) 
機能訓練指導員・生活相談員
施設運営コンサルタント
日本通所ケア研究会認定 リハビリケア専門士 
シナプソロジー認定コーポレートインストラクター
株式会社ココラッセ 代表取締役 渡邉賢司

一号店のデイサービス ここらっせを2011年に開設。高齢者向けの運動・脳トレの各種講習会を開催。
新たなサービスやアクティビティの情報収集を常に欠かさず、時に日本全国の施設や企業へ視察を行い、
施設内で提供できるサービスの新鮮化に取り組んでいる。また、残業の発生しない効率的な業務改善や
助成金や補助金を導入した画期的な施設運営の実施。中でも中小企業庁の経営革新計画の認定を受ける他、オリジナル
マスコットキャラクターを導入するなど従来の一風変わった広報戦略について業界紙や一般紙からの取材も受ける。
他法人の都内事業所はもとより九州や東北地方などからも事業所の運営についてアドバイスを求められるている。

にほんブログ村 介護ブログへ